無痛治療

ハシモトデンタルオフィスの
無痛治療

歯科恐怖症の方や、痛みに弱い方に安心して治療を受けて頂けるよう、治療中はもちろん、治療前の麻酔にも痛みを感じさせないように準備し、細心の注意を払っています。

他には、歯科麻酔医が行う点滴の麻酔(静脈内鎮静法)や、鼻から酸素と笑気の混合ガスを吸引する笑気麻酔も導入しています。

痛みの少ない治療を希望の方へ

無痛治療へのこだわり

「歯医者」というと、歯医者に行ったことがない人まで「痛い・怖い」というイメージがあります。
歯を削ったり、歯を抜いたりすると痛みが出ます。その痛みを取るために部分麻酔があるのですが『その痛みをとるための部分麻酔が痛い!』という本末転倒な事実があります。
「痛みを感じさせない麻酔をする」ことが無痛治療のとても大きなテーマになってきます。麻酔が十分に効けば、その後の治療は楽になります。

歯科恐怖症

歯科恐怖症というのはそもそも「前に受診した歯医者で、嫌な思いをした!」ということに端を発していることが多いです。
つまり、小手先の麻酔の違いだけで全てを解決するのは無理で、根本的な治療のあり方を変える必要があります。

歯医者で痛いのは当たり前?

歯医者の先生方の中にも「治療が痛いのは当たり前」「注射をする時に痛いのは当たり前」と思われている方もおられます。
はたして本当に、その通りなのでしょうか?

・・・その通り、歯科治療は痛みを伴います。
しかし、時間をかけてゆっくり丁寧にすることにより、確実に痛みは軽減します。

なんちゃって「無痛治療」に気をつけて!

過去の歯科無痛治療の中には「何もしないことにより痛くない」という間違った無痛治療がありました。
深い虫歯をしっかり削り取ろうとすると、神経に近づくので痛みを抑えるための麻酔が必要になります。

ですが、麻酔の痛みを出さないようにするため、虫歯をしっかり取りきらずに詰め物をして無痛治療と謳っている場合がありました。これは間違った無痛治療です。しっかりした治療をしてはじめて無痛治療と言えるのです。

痛みや怖さを感じさせない
当院の取り組み

癒しの空間とユニフォーム

歯科医院を思わせない、落ち着いた空間で皆様をお待ちしております。 従来の白衣をやめ、温かみのあるユニフォームでお出迎えしています。

ゆっくり丁寧な説明でリラックス

カウンセリングスタッフが在中しておりますので、些細なことでもご質問ください。
患者様が遠慮することなく思いを伝えて頂けるように、ゆったりとしたカンセリングルームをご用意しております。

治療中はタオルでお顔を保護

治療中は患者様のお顔が汚れたり、薬剤や破片が目に入らないようにするために、顔にタオルをかけさせて頂いております。 ただ、タオルがかけられると不安という方もいらっしゃいます。そのような場合は、遠慮なくお申し出ください。

痛みの少ない注射麻酔

表面麻酔

まず最初に麻酔のための麻酔をおこないます。
歯ぐきの表面にゼリー状や、液体の表面麻酔のお薬を塗って数分待つと、その後の注射の痛みを軽くすることが出来ます。塗るタイプのお薬ですので痛みはありません。

極細の針を使用

使用する注射の針も通常よりも極細の33G(0.2mm)を選んでいます。(一般的な針の太さは0.3㎜です)
ただし、細い針で同じ量の麻酔液を注入しようとすると、麻酔液の流れも圧力も増します。細い針を使用して麻酔液をゆっくり注入する事が重要です。

電動注射器

歯ぐきの表面に塗った麻酔が効いてから、麻酔の注射をします。一気に麻酔液を注入すると痛みが出る場合があります。手動の注射器では必要以上に力が入ってしまい、麻酔液の圧力が苦痛になりますが、電動注射器はゆっくりと安定したスピードで少量ずつの麻酔液を注入することができます。

笑気麻酔(笑気吸入鎮静法)

快適に治療できる方法です

鼻に笑気吸入用のマスクを装着して、吸引してもらう麻酔です。
酸素と笑気(約20~30%)の混合ガスを鼻マスクから吸うことにより、5分ほどで心地よく暖かい気分になり、不安感や恐怖心、不快感を和らげます。笑気の臭いは、ほのかに甘い香りで違和感無く気持ちよく吸入できます。

リラックスした状態での治療が可能

患者様の意識は保たれたままで、穏やかでリラックスした状態になります。(お酒を飲んだ時のような、気持ちのよい状態に似ています)
マスクを外してから2~3分ほど経過すると意識がはっきりするので、治療終了後は数分で帰宅することができます。 低濃度の笑気ガスを使用しているので血中からの排泄も非常に速いです。

静脈内鎮静法(点滴による麻酔)

入院の必要なく治療できます

歯科治療に非常にデリケートになられている方や、痛みに敏感な方の一般の歯科治療、インプラント治療を行う時は、歯科麻酔医による点滴による麻酔(静脈内鎮静法)を用います。入院の必要はありません。意識は保たれたままで、穏やかでリラックスした状態になります。

リラックスした状態で治療できます

歯科麻酔医の土佐先生の問診から診察が始まりますので、聞きたいことはどんどん聞いてください。リラックスされている状態から麻酔を始めます。